見つける時に

最近、密かに賃貸マンションが注目されています。賃貸マンションのメリットとは何でしょうか。 まずはその金銭面についてですが、初期費用が安い点です。初期費用は、最初にかかる敷金や礼金、初回の家賃、仲介手数料などです。マンションのタイプにもよりますが、50万円もあれば十分に足りるでしょう。 これに対して、分譲マンションは、仲介手数料だけで100万円近くかかりますし、登記などを含めると100万円は軽く超えてしまう事がほとんどです。 また、賃貸マンションはリフォームなどを自分でする必要がないためその分費用がかかりませんが、分譲マンションの場合には、リフォームなど、住宅の管理だけで年間20万円程度はかかると考えておいた方がいいでしょう。

賃貸マンションはメリットばかりでなくデメリットもあります。賃貸マンションを借りる場合はデメリットも考慮に入れておきましょう。 まず、賃貸マンションのデメリットの一つに資産価値がないことが挙げられます。いくら何十年と住み続けてもそこは自分のものにすることはできないのです。 これに対して、分譲マンションは、自己所有のため、売却することも可能です。 また、賃貸マンションは高齢者になるほど借りにくいという問題があります。 それはそれは賃貸マンションの入居審査について収入が問題になるからです。高齢者の多くは働いていないため年金だけが生活の糧になります。そのため資産不足と判断され賃貸マンションに入居できない恐れがあるのです。