いいところを探す

賃貸マンションのメリットとは一体何でしょうか。まず賃貸マンションのメリットとしては、初期費用が安いことです。これは分譲マンションと比べたときの話ですが、初期費用としては敷金や礼金、初回の家賃、そして仲介手数料等で50万円もあれば足りることがほとんどです。これに対して分譲マンションは初回の仲介手数料だけで100万円近くかかります。 また、リフォームなどはオーナーの方でやってくれるため、住み始めてからの費用もあまりかからない点が特徴です。 これに対して分譲住宅は自己所有の建物になりますので、その分リフォームなどでお金がかかってしまいます。このように費用の面だけ見ても賃貸マンションにはいくつかものメリットがあるのです。

賃貸マンションのデメリットとはどの点でしょうか。賃貸マンションのデメリットとはマンションを借りてても下になり得ないことです。 これに対して分譲マンションは売却をするなどすれば資産になります。 また賃貸マンションは、自由にリフォームをすることができないことです。賃貸マンションには現状回復義務があるため、リフォームをする場合にも退去時には下に戻さなくてはならないのです。 また、高齢者についてですが、賃貸マンションの場合は、入居することが難しいのです。その理由は高齢者は年金暮らしあることが多く、入居審査に引っかかってしまうのです。 あるデータによれば、賃貸マンションを借りている年代は年代が上がるほど減少してくる傾向にあります。